« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/20

4月例会

 4月18日(月)ホテルいんのしまにて、4月例会が行われました。
自己確立委員会による、テーマ「リーダーシップについて」が開催されました。
講師に、自衛隊広島地方協力本部長 天野 寛雅様をお招きして過去の偉人から学ぶリーダーシップについてや、リーダーとマネジャーの違いについて御講演して頂き、地域のリーダーとして活躍するために必要な事を学ぶ良い例会になりました。

当日は、西井裕昭ブロック会長をはじめとする公益社団法人日本青年会議所中国地区広島ブロック協議会役員の方々の訪問があり、参加総勢40人の参加となりました。

例会後は懇親会を行い、広島ブロック協議会役員の方々との交流を深めました。

写真左:御講演中の自衛隊広島地方協力本部長 天野 寛雅様
写真中:懇親会であいさつを述べる公益社団法人日本青年会議所中国地区広島ブロック協議会会長 西井裕昭君
写真右:新入会員バッチ授与式で永宗理事長よりバッチを授与される新入会員の串畑佑樹君

2011/04/12

第6回わんぱく相撲因島場所参加者募集!!

わんぱく相撲は「相撲」を通じて子どもたちの心身の鍛錬と健康の増進を図り、勝者を称え、敗者への思いやりを育むこと。そして、地域の責任ある大人が協力し、相互交流できる環境を整えていくことを目的に全国各地で開催されております。
  
以下、開催要項をご覧いただき、是非とも多くのご参加をお待ちしております。

【開催要項】
名称:第6回わんぱく相撲 因島場所
主催:社団法人因島青年会議所
共催:中庄八幡神社永代奉納相撲協会・因島相撲同好会
後援:尾道市教育委員会・尾道せとうちライオンズクラブ・尾道因島ライオンズクラブ・因島ロ-タリ-クラブ・熊箇原八幡神社・因島軟式野球連盟因島少年野球連盟      
開催日:2011年 5月8日 (日)  午前 8:30~(受付 午前8:00~)
開催場所:熊箇原八幡神社  相撲場 (尾道市因島中庄町山崎区420―3)
出場資格:小学校1年生~6年生 男女 (因島・瀬戸田地区在住者限定)
     全国大会出場者は小学校4年生から6年生の優勝者
     (両国国技館の本土俵は女人禁制のため男子のみとなります)
参加費:500円(保険代含む)
競技方法:変則トーナメント方式。又は総当り戦にて行います。※男女混合
表彰:各学年の優勝、2位、3位(メダル授与)
服装:着替えやすい服装(体操服またはTシャツ)
   「まわし」または「相撲パンツ(まわし付きパンツ)」を着用。
   「まわし」 「相撲パンツ」は服の上から着用できます。
昼食:出場者にはちゃんこ一食分を用意しております。

全国大会:第27回わんぱく相撲全国大会
開催日:2011年7月31日(日)
開催場所:東京・両国国技館
出場資格:第6回わんぱく相撲因島場所 優勝者(4年生~6年生の男子に限る)
     (両国国技館の本土俵は女人禁制のため男子のみとなります)

特典:全国大会出場選手の旅費は㈳因島青年会議所が負担します。
   全国大会出場選手は大会前日7月30日(土)に相撲部屋での宿泊が体験できます。
募集締切:第6回わんぱく相撲因島場所 2011年4月28日(木)
     参加申込書・参加同意書に必要事項をご記入のうえ、㈳因島青年会議所
まで郵送、 FAXまたはご持参ください。


申込書をダウンロードする。

社団法人因島青年会議所
〒722-2323 尾道市因島土生町1809番地の20 因島商工会議所ビル内
TEL(0845)22-6616 FAX(0845)22-8017
ホームページ  http://0845.jp/jc/
メールアドレス insei@mx4.tiki.ne.jp

第6回わんぱく相撲因島場所担当委員会
輝く地域の創造委員会  委員長 四辻 猛

  

2011/04/08

Q&A

をトップページの「入会しませんか?」内に追加しました。

入会に興味がある方は参考にして下さい♪

よろしくお願いします★

総務委員会
委員長 相方佑斗

2011/04/07

Q&A

Q どれくらいの頻度で集まるのですか?
A 月に一度、例会があり、現役メンバーが全て集まることになっています
開催は19:30~21:30で開催されます。
また、各所属別委員会で、月2・3 回の委員会を行います。

Q 具体的どのような活動をしているのでしょうか?
A 毎月行われる例会や事業、自分の所属する委員会での活動です。活動には様々あり、すべての事業に関わることができます。
単年度制ですので毎年自分の希望する活動ができます。行政等の公的機関との連携もあります。自分なりの目的をもった方にとって、無限の可能性を提供する舞台になります。

Q JC に入会してどのようなメリットがありますか?
A 普段ではなかなか知り合うことのできない異業種や同業他社の方々と知り合えたり、生涯に亘る友達もできます。
また、積極的にJC 活動に参加することで、今後のリーダーシップに必要とされる多くのスキルを身につけることができます。

Q 仕事が忙しいのですが、続けることはできるでしょうか?
A 私たちの青年会議所の会員もみんな仕事で忙しい中、JC活動をしていますが、
その中で時間の有効な使い方を身につけています。むしろ、時間の使い方を学んでいただくためにお勧めしているのです。

Q JQ活動を続けていくと、費用はかかりますか?
A 確かにある程度の費用はかかります。しかしJC(青年会議所)に入会すれば、各種のセミナーへ参加したり、地域を越えた仲間が沢山できます。
経営者としてのノウハウや指導力を身につけ、ネットワークを広げられることを思ばむしろ、安いくらいです。
一般の研修や講習会の費用と比較してみて下さい。
ぜひ、自分への先行投資と前向きに考えてみてはどうでしょうか。

Q JC活動は女性でもできるのですか?
A JCの理念である「明るい豊かな社会」の実現は、男性だけでできるものではありません。ぜひ、あなたの感性を活かして下さい。
全国でも数多くの女性会員が活躍しています。

Q 年齢的にまだ若いと思うのですが入会することはできますか?
A 人と人とのネットワークは、若ければ若いほどつくりやすいし、また、JCの中でもそれだけ沢山のことを経験できます。

Q 経営者ではないのですが、入会することはできますか?
A 経営者だけを対象とする団体ではありません。
まちづくりやひとづくりといったJC活動は経営者か否かとは関係ありません。

Q JC出身者にはどのようなひとがいますか?
A 地域のリーダーを育成するJCには、多くの卒業生が各地で活躍しています。

■著名な卒業生(順不同、敬称略)
チャールズ・リンドバーグ、リチャード・ニクソン、コフィー・アナン、ジャック・シラク、ビル・クリントン、ビル・ゲイツ、
麻生太郎、小渕恵三、菅直人、小泉純一郎、中曽根康弘、鳩山邦夫、鳩山由紀夫、森喜朗、市川圓蔵、犬丸一郎、牛尾治朗、
黒川光朝、坂田藤十郎、塩川正十郎、千玄室、鳥井信一郎、服部禮次郎

Q 他の青年団体とはどこがちがうの?
A 会員の年齢制限があるところがちがいます。
また、JCは、まちづくりのためのボランティア活動、自己トレーニングの為のひとづくり活動を活発に行っている点も違います。
ちなみに 、政治的、宗教的には左右されない団体です。
また職業にとらわれず、どなたでも入会できるところも大きな特徴ともいえます。

Q 入会してよかったと思うことはなんですか?
A •自分の住むまちのことがわかるようになった
 •幅広い業種の方、行政の方との人脈が増えた
 •通常ではすることのできない体験・経験を積むことができる
 •統率力や指導力を始め、話し方や会議の進め方、マナーなど身につく
 •素晴らしい、仲間に出会える

入会しませんか?

JC会員のメリット
JCの活動は青年期の的確なトレーニングをする実践経験の場であり、人生学校の道場と言われています。
青年会議所には、品格ある青年であれば、人種、国境、性別、職業、宗教の別なく、自由な個人の意志によって入会できますが、
25歳から40歳までという年齢制限を設けています。

これは青年会議所が、青年の真摯な情熱を集結し社会に貢献する事を目的に組織された青年の為の団体だからです。
すべての会員は40歳を越えると現役を退いてOBにならなくてはなりません。この年齢制限は青年会議所の特徴であり、
常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力の源泉となっています。よってすべての役職の任期は1年に限られています。

青年会議所は、一人ひとりの会員が優れたリーダーシップを持つ社会人となる為のトレーニングを行う団体です。

一年毎に様々な役職を経験することで、会員は豊富な実戦経験を積むことができ、
自己修練の成果を個々の活動にフィードバックさせていけます。青年会議所における様々な実践トレーニングを経験した会員の活動分野は幅広く、OBも含め各界で、社会に貢献しています。

JC会員の主な活動
例会
原則として毎月18日午後7時30分から午後9時30分まで開催され、全会員が出席し顔を合わせます。
出席できない時は、他青年会議所の例会へ出席する等のメークアップが必要となります。

総会
年2回全会員が出席し、事業計画及び報告、予算の決定、役員の選任等を行います。

理事会・委員会
特定の役職者以外の全会員が委員会に配属され、約5名のメンバーで毎月1回以上開催し、
会員及び地域社会にプラスとなるような事業を展開します。JC活動にとってこの委員会が基本であり、ほとんどの事業が委員会の立案により計画され、実施されます。青年会議所の目的達成の為に、必要な重要事項を研究、審議、実施する複数の委員会を設置しています。

 青年会議所には、20 歳から40 歳までという年齢制限が設けられており、会員は40 歳を超えると退会しなければなりません。
この年齢制限は青年会議所最大の特徴で、常に組織を若々しく保ち、果敢な行動力を保つための源泉となっています。
また、各青年会議所においては理事長を含めすべての役職の任期が1年に限られており、会員は1年ごとに様々な役職を経験することで、
豊富な実践経験を積むことができ、自己修練の成果を個々の活動にフィードバックできます。

友だちづくり、人脈づくりとして
 JC 活動に積極的に参加することによって、長崎青年会議所のメンバーはもちろんのこと、日本全国や世界各地に多くの仲間をつくることができます。
友情を育み、腹を割って話し合える親友を得ることもできます。

経営者、ビジネスマンとして
 地域社会への奉仕活動を通じて、指導力を身につけることができます。また、様々な立場、職種の人たちと交流することによって、
視野を広げることができ、新たな方向性を導き出すことも可能です。

自己鍛錬の場として
 たとえば、大勢の前での発表の場が多いことから、プレゼンテーション能力の向上が図れます。その他にも自己鍛錬の場は数多くありますが、
各々のJC への参加意欲と情熱が高ければ高いほど自己鍛錬の場としては無限大です。

JC 会員は様々な業種の青年経済人で構成されています。そして、その会員達によって共通の目的を持ち、
様々な活動をしています。ひとつの目的のために頑張れば、その果、成功や失敗に関わらずに成長や友情が培われます。
それは何年経ってもかわらない絆になることでしょう。

◦家族でおつき合いできるような仲間ができました。
◦魅力的な方々と出会うことができました。
◦自分を磨くことができました。
◦異業種の人たちと知り合ったことで仕事への良い刺激になりました。
◦人生の勉強になります。
◦経済人として地域に対する奉仕活動ができる機会に恵まれました。
◦人前で話すことに自信が持て、何事も意欲的に取り組めるようになりました。
◦全国の会員と知り合える機会が人脈の輪を広げます

まずは仮入会でJC を体験してみてください。

東北地区太平洋沖地震義捐金及び救援物資にご協力いただきありがとうございました。

 春暖の候 因島地域の皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さてこのたびは、義捐金及び救援物資のご協力をお願い致しましたところご多忙中にも関わらずご協力して下さいましたこと厚く御礼申し上げます。
 皆様方からご協力頂いた救援物資に関しては、4月2日に因島から広島に運び、その後順に被災地へと配送いたします。義捐金に関しましては、公益社団法人日本青年会議所「東北地方太平洋沖地震」対策本部を通じ被災者の皆様への支援に活用されるよう寄付いたします。
 また予定していました第2回救援物資収集に関しましては、被災地の現状を考慮し関係機関との協議の結果、中止させて頂きます。義捐金による支援は、五月末日まで引き続き続けて参りますのでご協力お願い申し上げます。
 
 4月5日時点での義捐金及び救援物資は下記の通りとなっています。

寺西薬局㈲、㈲宮地工務店、鏡浦区長会、㈲オ-エ食品、吉徳屋、圓光商店、㈲柏原工業、村井石油㈲、瀬戸内歌王会、小規模多機能ホ-ム ひだまり、スナック こけし
ムラカミ ミスズ様、ムラカミ マサフミ様、クスミ ヨシノリ様、コウノ ケイ様、ニシハラ マモル様、モリオカ レイジ様、マツウラ アキラ様、ナカオ タイゾウ様、ミネマツ サチエ様、ササキ ソノコ様、フジワラ カズオ様、ナカジマ ヨシアキ様、サワノ マナブ様、サワノ タカシ様、ムラカミ カズヒロ様
社団法人因島青年会議所会員一同
※勝手ながら名前を表記させて頂きましたことをご了承下さい。(順不同)

義捐金   498,407円

救援物資  ダンボール約200個
       (トラック4t:1台、トラック2t:2台)

2011/04/04

いんのしまさくら祭り

 2011年4月3日(日)ホテルいんのしま駐車場にて、いんのしまさくら祭りが開催され(社)因島青年会議所も、たこせん・さくらジュース・さくらカクテル・射的のブース出店を行い、地域の皆様と交流して来ました。

写真左:チャリティーコンサートを行う「ひまり」
写真右:ブース出店の模様

2011/04/02

救援物資積み込み作業(5日目)

月曜日から始まった、救援物資の仕分けおよび積み込みが昨日終了しました。

皆様から届いた救援物資は実に、

段ボール約200箱
4トントラック1台 2トントラック2台

になりました!!!

いよいよ、本日広島へ向けて出発しその後被災地へと運ばれていきます♪

段ボールにメッセージをこめられている方もいて、そのメッセージとともに

被災地へ届いてほしいと思います!

東北地区太平洋沖地震対策支援委員会
幹 事 相方 佑斗

2011/04/01

救援物資仕分け作業(4日目)

救援物資回収作業は、昨日で終わり最後の仕分け及び品物チェックを行いました。
さすがに皆さん連日連夜で疲れております~(+o+)
とは言っても、明日には品物を積込広島まで運ばなければなりません!!
さぁ-頑張りましょう(^o^)丿


本日は、明日の役割等の最終打合せも行い、そうそうに撤収しました。

救援物資もたくさん集まり皆さん本当に有難うございました。

東北地区太平洋沖地震支援対策委員会

委員長    高橋 圭司

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »